読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フクロウよりもよく眠る

週末に16時間寝ている社会人が、起きている時間にやってみたことを紹介します

今年の振り返りその1〜不審者に2回遭遇したよ

最近寒くなりました。1年終わりって感じです。年末は実家に帰省するので、今のうちから部屋の掃除とか面倒なことをやり始めてます。掃除をやりながら、今年は何があったかなーって思い出したりしました。仕事のことはあまり印象にないので、私生活で印象に残った出来事を書きたいと思います。

タイトルに「その1」とあります。でも思いつきなので、「その2」がいつなのか、本当にあるのかは未定です。

 

不審者に2回遭遇しました!

今年は不審者に2回遭遇しました。「今年は」と書いてるけど、「人生で初めて」です。どんな不審者だったか書いていきます。

f:id:sleep16h:20161207213610p:plain

一人目の不審者

一人目は半年前ぐらいだったと思います。夜遅くに駅から自宅に向かって歩いていて、自宅までもう少しとなる道路の左側を歩いていたら、向かって右側からこっちに向かって歩いている人がいました。そんなのは常日頃あることですが、この人は少し様子が違っていて頭をボリボリかきながらぶつぶつしゃべっているようでした。

なんか怖いなーと思いつつその人とすれ違ったときに、さらに怖いことが起こりました。なんと、僕の後ろをついてきたのです。怖いです。心臓バクバク。鳥肌ざわざわです。

f:id:sleep16h:20161207213210j:plain

どうにかして距離を取ろうと早足であるいんたんですが、その人も早足に・・・。さらに心臓バクバク、鳥肌ざわざわです。

目の前に十字路があったので歩くスピードを早足からさらに早め少し距離をとり、十字路を曲がった瞬間に全力ダッシュしました。ダッシュした先にも十字路がちょうどあったのでそこでも曲がり、影から不審者を観察しこっちに向かってこないことを確認し、一応しばらく時間をおいてから自宅に戻りました。

叫び声を上げたい、と思ったのはこれが初めてです。帰りが夜遅くなるときは時々この事件を思い出して一人で怖くなってます。

 

二人目の不審者

二人目は2週間前です。都心に出ようと電車を待っていたときに、40代ぐらいの女性に声をかけられました。「ビジネスホテルに泊まりたいのですがお金がないので2000円くれませんか?」と。いきなりだったので少し驚きながらもお金をあげれるほどお金持ちではないので、「ごめんなさい。手持ちがないので無理です」と答えました。

ここまでならよくある?かもしれない話ですが続きがあります。僕が断ったあと、この人自販機でジュース買ったんですよ!!!お金がないって言っておきながら、僕の目の前でジュース!!!お金あるじゃん。お金がないって言いながらジュース買うなんて、まとめサイトで見かけるコピペそのものじゃん。

f:id:sleep16h:20161207213551p:plain

まとめ

今年振り返りの第一弾として、不審者にあったときのことを書きました。1人目は本当に怖くて、2人目はコピペを思い出してニヤッとしちゃいました。